So-net無料ブログ作成
検索選択

まだ見られてうれしいなぁ! [バッタ]

湿地周りの草はらを歩いていると、さっと飛んだ淡い緑色。
草地を好むご本家「ツユムシ」だった。
ツユムシ1117-0.JPG



























秋、林縁でよく見かけるのは林縁を好むアシグロツユムシとセスジツユムシ。
アシグロはもう姿を消し、セスジのメスが時折見られるほど季節は進んでいる。
さらにいつものFieldは、ツユムシが好む草地環境が少ないのでなかなか見ることができない。

ツユムシという名前のツユは季節の梅雨ではなく、露だろうと思う。
梅雨の頃にはまだ幼虫だし、露をなめて生きている、なんかそんな繊細で弱弱しいイメージがあてはまるのだろう。
ツユムシ1117.JPG


















このツユムシにとってもこのところの寒さはさすがに厳しいと思う。
あとどのくらい頑張っていられるだろうか?
ツユムシ1117-1.JPG


















2014年11月17日 東京都
バッタ目ツユムシ科 ツユムシ  CANON EOS70D,EF100mm F2.8L IS USM内蔵ストロボ

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。