So-net無料ブログ作成
検索選択

黒とオレンジは危険色 [自然]

観察会の初めに、Fieldでの危険な生き物紹介をするのだが、定番はスズメバチ、ドクガ幼虫、マムシだ。
これらの種に共通している配色が、黒とオレンジ(マムシはオレンジというより褐色なのだが)。
自然界でこの色の組み合わせは危険色と言われ、さわらぬ神にたたりなしなのだ。

ここ数日撮影した虫たちを見ていると、この配色を纏ったものたちがいた。
コヒルガオの花粉を食べているのは小さな「アシグロツユムシ」の幼虫。
アシグロツユムシ0803_1.JPG


















こちらも体長5mmほどの小さな蛾、「マドガ」。
やはり黒とオレンジだ。
マドガ0803_1.JPG


















キリギリス科の「ササキリ」。
これも黒とオレンジだ。
ここにあげた3種は、特に毒や危険はない種だが、この配色を見れば危ない色だ。
やはり何らかの意味があるのだろうナ。
ササキリ幼虫0803_1.JPG


















2014年8月3日 東京都
バッタ目ツユムシ科 アシグロツユムシ
チョウ目マドガ科 マドガ
バッタ目キリギリス科 ササキリ       CANON EOS70D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24X

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。