So-net無料ブログ作成
検索選択

林縁を歩くと [自然]

明日は8月、早いもので残暑があれどあと1か月もすれば秋の足音が聞こえてきそうだ。
今日はツクツクボウシの鳴き声も聞かれ、セミもほぼ出そろった。

そんな林縁を歩いていると、旬の生きものたちが姿を見せてくれる。
この日も見つけた「モモブトスカシバ」。
でも今までに見たものとは少し色が茶色いが、個体差なのだろうか?
※後に書いたアシグロツユムシとダブってアシブトスカシバと書いてしまった。訂正します。
アシブトスカシバ0728_1.JPG



















このところよく見かける「ムラサキシジミ」のメス。
輝きは美しいが、翅がかなり傷んだ個体。
どうしてこんなにぼろぼろになったのだろう?
鳥にやられたのか?
ムラサキシジミ0728_1.JPG


















5mmに満たない大きさの「アシグロツユムシ」の幼虫。
すっかり進んでしまった老眼では、葉の上にごみがあるようにしか見えないが、マクロレンズを通すと体の細かい模様までが見えてくる。
何ともありがたい!
アシグロツユムシ0728_1.JPG


















こちらも小さい「アカハネナガウンカ」。
色が派手なオレンジ色なので見つけやすい。
鼻の下を伸ばしたちょっといやらしい目つきがコミカルだ。
アカハネナガウンカ0728_1.JPG


















2014年7月28日 東京
チョウ目スカシバガ科 モモブトスカシバ
      シジミチョウ科 ムラサキシジミ
バッタ目ツユムシ科 アシグロツユムシ
カメムシ目ハネナガウンカ科 アカハネナガウンカ 


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。