So-net無料ブログ作成
検索選択

キイトトンボのハートの形 [トンボ]

湿地を歩くと、その周囲の林縁や草はらでたくさんのキイトトンボを見かける。
東京都のレッドリストでは、北多摩絶滅危惧ⅠA類、西多摩絶滅危惧ⅠB類、ⅠA類の上は野生絶滅なので共に高いランクだ。
従ってここの環境は、これからも守っていかなければならない貴重な場所なのである。

交尾中のカップルを見つけた。
オスはお尻の先でメスの首根っこをつかみ、メスのお尻はオスの副交尾器をつかんでいる。
この形が、綺麗なハート型。
何とも見るからにラブリーではないか!
でもちょっとオスの思いが強いか。
キイトトンボ0728_1.JPG



























少しの間見ていると、このハートの形が変化する。
さらにオスの思いが強まった!
キイトトンボ0728-3_1.JPG



























その後、オスがお尻をぴよーんと伸ばして細長いながらもお互いが均一な綺麗なハートになった。
が、この形を変えているのはすべてオスなのだ。
こんなことをずっと繰り返していた。
形にのみ着眼してみたが、実際この動きに何か意味があるのだろうか?
キイトトンボ0728-1_1.JPG



























2014年7月28日 東京都
トンボ目イトトンボ科 キイトトンボ   CANON EOS70D,EF100mm F2.8L IS USM/MT-24X

nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。