So-net無料ブログ作成
検索選択

オオタカ食痕 [鳥]

今年は昨年ほど、ウスタビガの繭が見つからない。
ならばクワの木でクワコの繭を探して見た。
こちらも2個を見つけるのが精いっぱいだった。
IMG_4288_1.JPG


















難しいもので、上ばかり見ていると下のものが目に入らない。
虫の目、鳥の目、植物の目それぞれ視点が異なる。
今日はどの目で歩くか、それによって目が変わればレンズも変わる。

先の地面に白いものが目に付いた。
鳥の羽?
オオタカ食痕0201-1_1.JPG


















近付いてみると、どうやらドバトの羽だった。
おそらくオオタカの食痕だろう。
オオタカは、春を待たずいち早く恋の季節だな。
オオタカ食痕0201-2_1.JPG


















犠牲になったこの命、確かにオオタカに引き継がれているのだろうが無念だったろう。
弱肉強食、食物連鎖と行ってしまえば簡単だが、そんなに命は軽くはないと思うのだ。
数が多いとか少ないとかあるだろうが、個体ではオオタカもドバトも命の重さは同じでは・・・。
オオタカ食痕0201-3_1.JPG



























東京都
鱗翅目 カイコガ科 クワコ
ハト目 ハト科 カワラバト(ドバト)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。