So-net無料ブログ作成

米の害虫 イネホソミドリカスミカメ [セミ・カメムシ]

オンブバッタの初令幼虫がたくさん見られるようになってきた。
葉にとまる小さな幼虫を見ていたら、手前の葉先にとまる小さなものが視界にぼんやり写った。
薄い緑の背景に赤色の鮮やかさが際立っていた。
カメムシ幼虫0704_0_1.JPG


















とても小さいのでてっきりカメムシの幼虫と思っていたが、よく見ると翅があるので成虫である。
調べると、「イネホソミドリカスミカメ」(アカヒゲホソミドリカスミカメ)というカスミカメムシの仲間だった。
このカメムシ、米の大害虫で斑点病を引き起こす嫌われ者のようだ
体長は5mm前後なので、ウンカかと思い普段は見過ごしているに違いない。
これを見つけたすぐ脇には田んぼがあり、米の生育が心配になった。
カメムシ幼虫0704_1.JPG


















2013年7月4日 埼玉県
半翅目 カスミカメ科 イネホソミドリカスミカメ   EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。