So-net無料ブログ作成
検索選択

丘陵の希少種 カヤコオロギ [バッタ]

以前からいると聞いていたが、なかなか見に行ずようやく今日行ってみた。
草むらを歩くとすぐにピョンと飛び出て来たのが、今や局地的にしか見る事が出来ないという希少種「カヤコオロギ」。
東京都のレッドでは情報不足、埼玉県では絶滅危惧Ⅱ類に指定されている。
kayakoorogi0930.JPG
















直翅目マツムシ科に属し、体長10mmほどで翅は短く鳴かないコオロギ。
翅が短いので、一見何かの幼虫かと見過ごしてしまう。
kayakoorogi3-0930.JPG
















確かに丘陵のどこにでもいるわけでもなさそうで、この場所以外で探しても見つからない。
ここは他の場所と比べても、特に何の変哲もない草はらなのだが何でここにしかいないのだろう?
不思議ではあるがこの種がここにいる以上、種を絶やさない管理をお願いしたい。
と言ってもどうしたらよいものか?
草を刈る時期を考慮するしかないのだろうか?
この草はらには、さらにショウリョウバッタモドキもいる貴重な場所なのだ!
kayakoorogi1-0930.JPG
















2011年9月30日 東京都
 直翅目 マツムシ科 カヤコオロギ    CANON EOS50D,EF100mm F2.8L IS USM /MT-24EX

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。